メールマガジン『リーダーへの提言』

 


2011年7月

『論語とソロバン』

 資本主義社会の中で、私たちは仕事、つまり経済活動をしながら暮らしています。では、私たちは何のために仕事をしているのでしょうか?

 「お金をもうけるため」という利己主義な考え方の人もいれば、「他人を喜ばせたい」という利他主義の考え方の人もいるでしょう。仕事に必要なのはこの両面の考え方です。お客様に満足感を与えなければ、お金を手に入れることができません。適正な利益を得なければ、この社会の中で自分を維持していくことができません。

 そのためには、設定した価格でお客様に最大限の満足を与えることを目的にしながら、コスト管理をしっかり行う必要があります。「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一は「論語とソロバンは一致する」と唱えましたが、これは現在でも絶えずかみしめるべき言葉では ないでしょうか。

 



TEL:052-771-1168 FAX:052-771-1226 お問合せフォームはこちら

 

    
  トップページ   社内報トップ   その他の企画物/原稿素材   会社概要  
      フルオーダー型社内報   会社案内   社長あいさつ  
      制作の流れ   施設案内   沿革  
      事例紹介   パートナー(原稿素材集)   交通案内  
      セミオーダー型社内報   リーダーへの提言バックナンバー      
  社員表彰ツールサイト
あんたはエライ.com
  仕様          
    共通ページについて   よくあるご質問   お問い合わせ