メールマガジン『リーダーへの提言』


 

2012年1月

『記憶は利己的編集されるもの』

 「記憶は自分の都合のいいように編集される」ということをご存じで しょうか? 私たちの身近なところでも、お互いの記憶が食い違い、ト ラブルに発展してしまうことがあります。その際、故意に嘘をついてい るわけではなく、記憶の利己的編集がなされているケースも多々あるの ではないでしょうか。

 ビジネス上の話なら、メモを取ることなどで記憶のミスを防げますが、 日常的な会話では、いちいち文章に残すことなどできません。

 人と話をしていて、「言った」「言わない」など、お互いの記憶が食い違う場合は、まず冷静になって自分の記憶をたどってみましょう。たとえ相手の記憶が間違っている場合でも、感情的になってやり込めたりせず、じっくりと話し合うべきでしょう。

「記憶はミスが起き得るもの」と心得ていれば、相手の間違いを許せるはず。「雨降って地固まる」ではないですが、こうしたトラブルの克服が、お互いの関係や信頼を深めるチャンスにもなります。

 



TEL:052-771-1168 FAX:052-771-1226 お問合せフォームはこちら

 

    
  トップページ   社内報トップ   その他の企画物/原稿素材   会社概要  
      フルオーダー型社内報   会社案内   社長あいさつ  
      制作の流れ   施設案内   沿革  
      事例紹介   パートナー(原稿素材集)   交通案内  
      セミオーダー型社内報   リーダーへの提言バックナンバー      
  社員表彰ツールサイト
あんたはエライ.com
  仕様          
    共通ページについて   よくあるご質問   お問い合わせ